ちょっぴり癒やされる、ふだんごはんのレシピとか
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今日のいやしめし 「肉汁あふれるハンバーグ」 | main | 一日限定 リアル「食堂 いやしめし」開店します。 >>
香草とたっぷりほうれん草の洋風鶏肉じゃが
JUGEMテーマ:おうちごはん

「いやしめしPoint」
カリッとした鶏の香ばしさとほっくほくのじゃがいもをハーブと白ワインで仕上げた、一風変わった洋風肉じゃが。ほうれん草、トマトなどたっぷりの野菜がおいしく採れるのもミソです。冷蔵庫で3-4日持つのでお弁当のおかずにも。

◆ レシピは「続きを読む」から↓↓

クリックで応援お願いします♪

◆ 材料(2-3人分)

新じゃが: 4-5個 皮ごと(中サイズ)*芽を取り一口大のサイズに切っておく。普通のじゃがいもの時は皮を剥きましょう。

鶏もも肉: 1枚 *裏面に切れ目を入れ、皮にプスプス穴を開けておく。
白ワインA(鶏肉用): 1/4カップ

ほうれん草: 2-3把 *下茹でして水気をよく絞り、食べやすい大きさに切っておく。
バター: 10g

玉ねぎ(繊維に沿って薄切り): 1/2個

にんにく(芽を取り薄切り): 1個
ローズマリー: 2−3本

ミニトマト(輪切り): 2-3個

塩: 適量
黒胡椒: 少々

白ワインA(鶏肉用): 1/4カップ

白ワインB(じゃがいも用): 1/2カップ
水: 1/4カップ

◆ 作り方
1.常温のフライパンに鶏もも肉を皮を下にして置き、塩を軽く振り、ローズマリーを1本入れる。アルミホイルをかぶせたら水を少し張った小鍋を重しにして弱火で8分程度。
2.皮がカリッとしたらひっくり返し弱火で1分。白ワインを1/4カップ。蓋はせずにそのまま弱火で5分。白ワインが完全に飛ぶくらいが目安です。別皿に移し、食べやすい大きさにカットしておく。ローズマリーは取り除き、鶏の脂は使うのでそのままに。
3.別のフライパンにバターを溶かし、軽く塩を振ったほうれん草を強めの中火でさっとソテーし、別皿に置く。
4.「2」のフライパンに薄切りにしたにんにくを入れ、弱火で加熱。良い香りがしてきたらにんにくを一旦取り除く。
5.じゃがいもを切り口を下にして置き、強火で2-3分焼き付けるように加熱。焼色がついたら軽く塩を振り、脂をなじませるようにざっとソテーする。
6.ローズマリーを1-2本入れ、薄切りにした玉ねぎをじゃがいもの上に散らす。取り除いたにんにくも戻して白ワインを1/2カップ注いだら蓋をして強火で12分。*7-8分あたりで一度水を1/4カップ足す。
7.別皿に置いていた鶏肉とほうれん草を戻し、輪切りにしたミニトマトを散らしたら再び蓋をして更に2分。
8.じゃがいもに串が通るのを確認したら味を見る。足りなければ塩で調味。器に盛り、お好みで黒胡椒を振ったら完成です。

◆ Point
● お肉は使う前に30分程常温において置きましょう。火が均一に通りやすくなります。
● 新じゃがではない場合は皮は剥きましょう。
● 保存容器に移したら冷蔵庫で3-4日は持つのでお弁当のおかずにもオススメです。
 
COMMENT